ボクサー 動体視力 鍛え方

ボクサーが鍛える最良の方法とは

ボクサーで強い選手はどんな人かわかりますか。

 

運動神経のいい人は当たり前です。

 

それ以外にもあります。

 

反射神経の優れてる選手です。

 

もっとわかりやすくいうと、相手のパンチをかわす能力に優れている選手。

 

パンチをかわす能力がすなわち、反射神経ということ。

 

反射神経を鍛えると確実にボクシングで勝つ確率が高くなります。

 

ではどのようなトレーニングをすると
反射神経が鍛えられるのかです。

 

答えは、動体視力を鍛えることです。

 

この動体視力とは、ボクシングの場合でいうと相手のパンチを
即座に避けることができる能力です。

 

でも普通の練習メニューでは動体視力を鍛えることはできません。

 

ではどのようにすると動体視力が鍛えることができるのでしょうか。

 

それは目を鍛えること。

 

 

もっというと動体視力を鍛えるトレーニングメガネを使用することです。

 

速い動きに慣れることができるようになると、パンチがまるで、スローモーションの
ように見えるのです。

 

プロボクサーになるとこの動体視力を鍛えると
上達します。

 

昔、亀田選手の練習をテレビでみたことがありますが、
父親が細い棒を息子のほうに向かって突く動作をしていました。

 

それをかわす練習ですね。

 

つまり目の前に迫ってくる棒を避ける練習は、動体視力を鍛えていたのです。

 

万が一、棒が目にでも当たると危険ですのでこの練習をしなくても
大丈夫です。

 

動体視力を鍛える方法は、他にもあります。

 

それはこのメガネを使ってみることです。

短期間で驚くほどの動体視力が改善するようになります。

 

プロボクサーで活躍したいと思っている選手は実はこのような
動体視力を鍛えるトレーニングメガネを使って訓練しているんです。

 

 

>>トップへ戻る